CentOS8.3 + KVM でゲストOSインストールにハマった話

VMware FusionにCentOS8.3をインストール→KVM(virt-manager)を使ってゲストの仮想マシン作成しようとした際のエラー内容と解決方法になります。
※今回で構築したゲスト仮想マシンに対し、NICを追加する際の内容はこちらを参照のこと。

【やりたいこと】

  • MacBookPro(Big Sur 11.2.3)+VMware FusionにCentOS8.3をインストール
  • ホストOSであるCentOS8.3上にKVMをインストールし、仮想化環境を構築
  • ゲストOSとして、CentOS8.3をインストールしたい
※ホストOSに「virt-manager」をインストールし、GUIで仮想マシンを作成した際の画面
” No bootable device. ”と表示され、ISOファイルを認識できないのかゲストOSのインストールが進まない・・。

【解決方法】
virt-installコマンドにより、インストール実施

[root@Lab ]# virt-install \
--name centos8 \
--ram 2048 \
--disk path=/var/lib/libvirt/images/centos8.img,size=6 \
--vcpus 2 \
--os-type linux \
--os-variant rhel8.0 \
--network bridge=br0 \
--graphics vnc,keymap=us \
--console pty,target_type=serial \
--location /root/Desktop/CentOS8.3_minimal.iso
  • br0:事前にホストOSと接続するためのBridgeを作成済みでした
  • location:あらかじめホストOSにインストール用ISOファイルを作成しておきました。VMware FusionにてホストOSにインストール用ISOイメージをマウント→ホストOS内でmkisofsコマンドでISO化。

※初めてKVMを触って、ハマったので覚書でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です