VMware SD-WAN by VeloCloudについて#2

VMware SD-WAN by VeloCloudについて調査したので、備忘録になります。今回は「VeloCloudでできそうなこと」について。Administration-Guideから内容を抜粋しています。
なお、VeloCloudの「概要」についてはこちらを参照。

【VeloCloudでできそうなこと】
こちらのHPを参照し、機能をピックアップ(※VMware SD-WAN Administration-Guideに飛びます)

  • WAN回線の自動選択
    • アプリの優先度、NWの要件、リアルタイムの帯域などを基に、自動で実行される
  • Cloud VPN
    • 1-clickでIPsecによるVPN接続が可能
    • VMware以外のSD-WANサイトとも接続できる(らしい)
    • Amazon AWSなどのサードパーティデータセンターとも接続可能
  • QoS
    • 2,500以上のアプリケーションを識別でき、それを基にQoSをかけられる
  • Firewall
    • ステートフルな制御が可能
  • Overlay Flow Control
    • Edgeで学習した、OSPFやBGP経路をGatewayやControllerへ送信
    • 経路を受け取ったGatewayやControllerは、その他のEdgeへ経路情報を伝播させる
  • OSPF
    • OSPFネイバーに対する、Inbound/Outboundフィルターをサポート(←1つのエリアで同じLSAを保持するOSPFでどのように動作するのか・・)
    • OE1,OE2,MD5認証もサポート
    • OSPFで学習した経路は、自動でController側へ再配送される
  • BGP
    • Inbound/Outboundフィルターをサポート
    • BGPアトリビュート(Community, MED, AS-Path, Local Preference)が使用可能
  • セグメント
    • Vlan設定可能
    • VRF設定可能
    • 異なるVRFで、IPアドレス被りもOK
    • End-to-Endでセグメント分離が可能(パケットに「Segment ID」を付与することで実現。VXLANみたいなイメージかな?)
  • VMware Tunnel Overhead
    • DMPO(Dynamic Multipath Optimization)をサポートするために、VCMP(VeloCloud Multipath Protocol)と呼ばれるプロトコルでカプセル化
    • VCMPは、ユーザパケットに31Byteのオーバーヘッドを追加
    • UDP:2426ポートで動作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です