Aruba APの初期セットアップ方法について

前回の内容(Aruba Centralを無料で試してみる)でAruba Centralを使えるようになったので、実際にAPの初期設定やAruba Centralに帰属させていく場合を調査しました。

■Aruba AP

初期設定の流れです。こちらのURLを参考にしています。

  1. APとPCの接続
    • APはデフォルトでIPアドレスが未設定。
      そのため、

       ・DHCPによる払い出し
       ・コンソールケーブルによる設定

      のどちらかを環境に合わせて選択。
      今回は「コンソールケーブルによる設定」を選択。
  1. 電源投入
    • AP本体にコンソールケーブルを接続する。
    • TeraTerm等のターミナルソフトを使用する場合は下記のように設定。
       
       ボーレート:9600
       データ:8bit
       パリティ:none
       ストップ:1bit
       フローコントロール:none
       
    • コンソールケーブル接続およびターミナルソフトの準備ができたら、電源アダプタまたはPoE給電を実施。
    • Bootの途中で、
      「Hit <Enter> to stop autoboot:」
      が表示されるので、Enter押下。
      ※なお、電源投入後、3〜4秒で表示
  1. IPアドレスの設定
    • 下記のコマンドで設定
# 1. 設定
   setenv ipaddr <ip アドレス>
   setenv netmask <netmask>
   setenv gatewayip <default gateway アドレス>
   setenv dnsip <DNS Server アドレス>

# 2. 設定確認
   printenv

# 3. 設定保存
   saveenv

# 4. 再起動
   boot
  1. APへのログイン
    GUI/CUI共通のログインID/パスワード
     ユーザ名:admin
     パスワード:admin
     (※AOS8.5以降は、APのシリアルナンバー)
     
    • GUIからのアクセス(←基本)
      1. 有線接続
        1. PCとAPをLANケーブルにて接続
        2. ブラウザのアドレスバーに、APに割り当てたIPアドレスを入力
      2. 無線接続
        1. PCにて、SSID:SetMeUp-xx:xx:xx(xx:xx:xxはAPのMACアドレス下6桁)に接続
        2. ブラウザのアドレスバーに、下記URLを入力
          https://setmeup.arubanetworks.com
    • CUIからのアクセス
      1. ターミナルソフトからアクセス
  1. Aruba CentralへのAP登録
    1. Aruba Centralへログイン
      ※アカウントの作成方法は、こちらを参照
    2. デバイスの登録
      1. ログイン後、画面右上の歯車マークをクリックし、アカウントホームへ
      2. アカウントホーム内、「デバイスインベントリ」をクリック
      3. 「デバイスの追加」を押下し、登録したいAPのシリアル番号とMACアドレスを入力
    3. サブスクリプションの割り当て
      1. サブスクリプションキーの追加
        1. アカウントホーム内、「キー管理」をクリック
        2. 事前に購入したサブスクリプションキーを入力し、一覧に追加されたことを確認
        3. アカウントホームへ戻る
      2. デバイスへの割り当て
        1. アカウントホーム内、「サブスクリプションの割り当て」をクリック
        2. 割り当てたいデバイスにチェックを入れ、「サブスクリプションの更新」を押下
    4. APの帰属確認
      1. APをインターネットへ接続する
        (※環境によって、DNSやFWへの穴あけ等必要になるため、注意)
      2. Aruba Central上、[デバイス]-[アクセスポイント]タブより、「稼働中」or 「ダウン」の数字がカウントアップされ、該当APが追加されていることを確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です